2016年9月11日 (日)

ピアノ奏法について考える(その2)

前回の記事で「ピアノ奏法は何でもいい」と書きましたが、具体的にどうすれば自分に合った弾き方を見つけることができるのでしょうか? 候補として考えられるのは次の2つでしょうか? ♪誰かに導いてもらう。♪試行錯誤して自分で見つける。 どちらも漠然としています。自分で見つけるのは、難しく何も考えない子供の世代か、天才のみに可能なことだと思いますので、やっぱり大人になってからはレッスンなどで導いてもらえるのならそれがいいと思います。 しかしそれも難しい! 生徒自身が弾きやすい弾き方を一緒に探しながら、音楽へのアプローチに必要な音楽的教養を教えてくれる そんなピアノ教室があったらぜひ受講したい...

» 続きを読む

2016年9月 4日 (日)

ピアノ奏法について考える(その1)

「ジストニアに対応するためにピアノ奏法について考える」なんて、こんな動機でいいのかなと思いましたが、きっかけなんてなんでもいいや、といろいろと考えました。と言いつつも、ピアノ奏法についてはこれまで何度考えたか分かりません。先日も池袋のヤマハで音楽書籍を見ていたら、まだ見たこともないピアノ奏法に関する書籍が並んでいました。ピアノを上手くなりたいけど上手くなれない人がいる限り、このような本はどんどん出版されるんでしょうね。 僕自身も、何かのピアノ奏法を学べば上手くなれると信じていろいろ調べたりしたこともあります。まるで、昔のジャッキー・チェンの武術の映画のように、最強になるための秘伝書みたいなも...

» 続きを読む

2016年8月21日 (日)

ジストニアと闘わない

夏の高校野球が今日で終わってしまいました。リオオリンピックもそろそろ終わりそうだし、去りゆく夏のようでちょっと寂しい気分です。それでも、ピアノを弾けなくなった右手のとの闘いは続きます。 僕はどうやらジスイトニアらしいです。ちゃんと診察は受けていないのですが、肉体的な故障や脳の障害がなければジストニアだと考えてよいらしく、すでにジストニアになっているピアノ仲間からも、症状を見てジストニアだと言われて、僕自身も漠然とそうなのだろうな、と思っていました。ジストニアの症状でよく言われるひとつが、薬指、小指が丸まってしまうことです。初めて体験したときにはとても驚きました。右手を外側に回転させるだけで小...

» 続きを読む

«2016年夏